不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

年収500円以上のサラリーマン・公務員なら普通に買える

不動産投資の中でも特にサラリーマンや公務員の方がはじめやすいのが、ワンルームマンション投資、特に

 

中古ワンルームマンション投資

 

です!

 

最大の理由は、他の投資用不動産に比べて価格が手頃であることです。

 

立地や物件のグレードにもよりますが、東京なら面積20から25平方メートルくらいの中古ワンルームマンションが2,000から2,500万円程度で購入できます。

 

金融機関からは3,000から4,000万円の融資を受けることができるので、十分に手が届く金額です。

 

これに対し、東京の都心で一戸建ての賃貸住宅や、一棟物のアパート・マンションを購入すると、ものによっては数億円と桁が違ってきます。

 

東京の場合、ワンルームマンションの家賃は70,000から80,000円が相場です。

 

中古ワンルームマンションを一戸保有するだけでも、老後の生活費をかなり補えるのではないでしょうか。

 

また、東京にこだわらないのであれば3,000から4,000万円の融資枠を目一杯使って、二戸以上の中古ワンルームマンションを購入することも可能です!

 

地方の中古ワンルームマンションは東京に比べると価格が大幅に安く、しかも場所によっては家賃相場が東京とそれほど大きく変わりません。

 

同じ投資額でも東京では一戸しか買えない中古ワンルームマンションが、地方なら二戸買えて、利益(家賃収入)は約2倍になるのです。

 

その地方の中でも特にオススメするのが

 

大阪

 

です!

 

大阪でも東京の半分程度の価格で同レベルの投資用ワンルームマンションが購入できますし、家賃水準は東京とほぼ同じなので二戸購入すれば、約2倍の収入を得ることも可能です!

 

また、不動産に関わる税金も大阪は東京の半額程度なので、その点も取得しやすいポイントです!

 

しかも、大阪にはワンルームマンション投資をする上で、他の地方都市にはない大きなメリットがいくつかあります。

 

いずれにしても、中古ワンルームマンション投資はサラリーマンや公務員でも始めやすい不動産投資であることは間違いありません☆


ホーム RSS購読 サイトマップ