不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

家賃下落リスクを抑えるためには場所選び

空室リスクと並んで不動産投資で特に気をつけたいのが家賃下落リスクです。
たとえ買った当初の家賃収入が高めでも、それが10年20年と続くとは限りません。

 

生命保険や個人年金の代わりに長期にわたって安定収入を確保するのであれば、家賃が下がりにくい物件を選ぶことが大切です。

 

特にマンションの場合は建物が老朽化するにつれて家賃が下がっていくのが一般的です。
いかに建物の質が高く管理状態の良い物件を選べるかということがかなり重要なポイントです。

 

さらに注意したいのが場所選びです。
空室リスクを回避するためには場所選びが肝心ですが、入居者に好まれやすい立地を選択すると、安定的な需要が確保できるため、家賃も下がりにくいのです。
大阪で言えば、人口と単身世帯が増えている「大阪中心6区」は長期にわたって安定的な需要が期待できる場所だと言えます。
場所さえ良ければどんなに建物が老朽化しても家賃が下がることが少なく、むしろ上がる可能性もあるのです。

 

家賃下落リスクを回避するためには、10年後20年後もその地域のマンション需要があり続けているかどうかを正確に予想することが大切です。

 

例えば、現地の地方自治体による人口動態予測や、不動産需要に大きく影響する現地の経済予想等の資料を集めて分析してみるのも面白いと思いますよ!


ホーム RSS購読 サイトマップ