不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

入居者がついている物件ならひとまず安心

空室リスクを抑えるためには

 

場所選び
物件選び
管理の

 

3つが大切です。

 

このほかにもう一つ重要なポイントを挙げるとしたら

 

物件を販売・仲介してくれる不動産会社の実績

 

を見ることです。

 

例えば、販売・仲介した物件の入居率が95%以上といったように高水準であれば、その不動産会社が紹介してくれる物件のほとんどは、場所、物件、管理の条件が良い可能性が高いです。

 

ちなみに、大阪では不動産の販売・仲介を行っている不動産会社は「入居率95%以上」の実績を挙げている会社が少なくありません。
この入居率の高さは、大阪でワンルームマンションを求める単身者が年々増え続けていることが関係しているとだと思います。

 

中古ワンルームマンションの取得には、いったん入居者が退去して空室状態の物件を購入するケースと、入居者がついたままの物件を購入するケース(オーナーチェンジ)があります。
空室による収入のロスを回避するためには断然オーナーチェンジの方が有利です。

 

購入してから新たに入居者を募集するとなると、場合によっては数ヶ月にわたって家賃収入が確保できなくなることもあります。

 

このようなロスをなくすため最初から入居者のついている不動産を購入しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ