不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

大阪は他の地方と比べると何が有利なのか

大阪の投資用不動産は利回りの高さ空室リスクの低さが大きな魅力です。
とは言え、利回りの高さだけを追求するのなら、大阪以外の地域を選択する手段もあります。
地方に行けば大阪よりも価格の安い投資用不動産がいくらでも売られているからです。

 

しかし、もしも検討している地域の経済や人口動態の行き先に不安があるなら、絶対に物件の購入はお勧めしません。
不動産を購入する地域を決める上で特に気をつけたいのは、その地域の経済が安定しているかどうかという点です。

 

例えば、名古屋を中心とする中京地域は物件価格が比較的安く、トヨタ自動車が存在することもあって、地元経済もしっかりしているように見えます。
しかしトヨタに大きく依存しすぎている経済構造のため、もし不況になって車が売れなくなると、中京地域の経済全体が冷え込んでしまうリスクを抱えているのです。

 

また、北海道のように地元経済に占める公共事業の割合が高い地域は、国や地方自治体が事業予算を増やせば景気が拡大する反面、予算が減れば冷え込むという不安定さを抱えています。

 

このような地域は不動産市況や家賃相場も不安定になりがちです。
その点、景気にかかわらず家賃相場が比較的安定しやすいのは東京・大阪ということになるでしょう。
どちらも特定の企業や産業に依存することなく、様々な産業が集積しているからです!

 

そして、不動産投資をするなら物件価格が手頃で、利回りも高い大阪でしょう。
日本のどの地域と比べてもかなり有利な投資用不動産が入手しやすいのではなのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ