不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

ワンルームマンションを求める単身世帯の数が増えている

大阪の人口推移で注目すべき点は世帯数の推移です。
大阪の世帯数は増加傾向にあるのですが、その理由は、人口流入の拡大とともに単身世帯が増加していることが大きく関係しています。

 

こうした背景から、大阪で不動産投資をする場合はファミリータイプよりもワンルームマンションに投資をすることをお勧めします!

 

ターゲットとなる単身者が多い地域であればあるほど空室リスクを抑えられるので大阪特に「大阪中心6区」はとても望ましい環境だと言えます。

 

「大阪中心6区」は大阪経済の中心地で、数多くの百貨店が並ぶショッピングエリアである梅田、食道楽や娯楽の街である難波、そして日本一の超高層ビル「あべのハルカス」のある天王寺など、生活がしやすく、娯楽を楽しめる場所も集中しています。

 

JR大阪環状線の内側にあるため通勤にも便利で快適な暮らしもできることから、この地域に住みたいと考える若い人は少なくありません。

 

しかも東京の中心地に住むとなればワンルームマンションでも月10万円前後の家賃を想定しなければなりませんが、大阪の中心なら月7万から8万円で借りられる物件も多いのでとても住みやすいと思います。

 

そのため、東京の物件に比べて利回りが高く空室リスクが低いと言う点に大きなメリットがあります。

 

これらが不動産投資は大阪でのワンルームマンションがお勧めな理由なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ