不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

世界へ!大阪の国家戦略特区プロジェクト

大阪の数ある大きなプロジェクトの中でも大阪の長期的な経済発展を支える基盤となることが期待されているのが

 

【大阪府の国家戦略特区プロジェクト】

 

です!

 

「国家戦略特区」と言う名称は新聞やテレビインターネットなどで目にしたこともあるのではないでしょうか。

 

これは

 

エリアを限定して様々な規制を大胆に緩和して、民間や海外からの投資を喚起することによって、日本経済を再生させようと言う試み

 

です。

 

国家戦略特区構想は、日本の成長戦略の重要な柱の1つでもあり、まさに国の威信と存亡をかけた国家プロジェクトとも言えるでしょう。

 

政府は2014年の5月1日に全国6エリアで展開する国家戦略特区の1つとして関西圏の大阪府・兵庫県・京都府を指定しました。
国家戦略特区はそれぞれに目標と政策課題を掲げています。

 

関西圏は

 

目標
健康医療分野における国際的イノベーション拠点の形成を通じ、再生医療を始めとする先端的な医薬品・医療機器等の研究・開発・事業化を推進するとともに、チャレンジングな人材の集まるビジネス環境を整えた国際都市を形成する

 

政策課題
1.高度医療の提供に資する医療機関・研究機関・メーカー等の集積及び連携強化
2.先端的な医薬品、医療機器等の研究開発に関する阻害要因の撤廃、シーズの円滑な事業化・海外展開
3.チャレンジングな人材の集まる都市環境、雇用環境等の整備

が目標と課題です。

 

これらに基づいて大阪府と大阪市は独自の国家戦略特区プロジェクト計画を政府に立案しました。

 

これらの取り組みが動き出せば、先端医療に関わる外国企業や有能な外国人の人材が大阪に集まり、都市としての国際競争力や経済力を底上げしてくれる効果が期待できるでしょう。

 

もちろん一方的に企業が人材を受け入れるだけでなく大阪から海外に向かう人々やお金なども増えることになると思われます。

 

大阪府と大阪市は
「世界へ打って出る、世界を取り込む」
をスローガンに国際都市としての底力を強め、大阪を活気のある街にしたいと意欲に燃えています。

 

国家戦略特区プロジェクトは大阪の経済を長期的に発展させてくれる頼もしい基盤になることが期待できると同時に、国内外から多くの企業や人材が集まれば、大阪の不動産市場にもかなりの恩恵がもたらされることになるでしょう。

 

流入人口の増加によってオフィスや住宅などの賃貸需要も大きく拡大することが期待できます!


ホーム RSS購読 サイトマップ