不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

東京横浜に住みながら大阪で大家さんになる人が急増中!

当サイトではワンルームマンション投資を始めるなら

 

「東京よりも大阪の物件を買った方が良い」

 

というお話をしています。

 

その理由を簡単に言うと

・物件価格は東京の約半分
・ほぼ同じ予算で大阪なら二戸買える

という事です!
大阪のワンルームマンションの最大の魅力は、なんといっても東京の物件に比べて価格が非常に安いことです。

 

一般に大阪市の中心部(北区、中央区、福島区、西区、浪速区、天王寺区)と新大阪周辺の中古ワンルームマンション価格は、築10年未満面積20から25平方メートル前後の物件で数百万から1,500万円といったところです。
もちろん、物件のグレードによって価格は異なりますが、東京の都心部の新宿などでは同じ条件の物件は2,000万から2,500万円します。
それを考えると破格の安さだと言えるでしょう。

 

つまり、大阪なら東京の約半分の価格で中古ワンルームマンションが買えるわけです!

 

しかも、同じ条件の物件であれば家賃収入は東京も大阪もそれほど大きく変わりません。
東京が月70,000から80,000円、大阪が60,000から70,000円といったところが相場です。

 

物件価格が安いのに家賃収入が変わらないのであれば、もちろん表面利回りは高くなります。
収益力を高めるためには、いかに物件価格を抑えるのが非常に大事です。
大阪の物件を購入すれば物件価格が抑えられるので、収益力も高まるわけです。

 

しかも、価格が安い大阪の中古ワンルームマンションなら、東京では一戸しか買えない予算で二、三戸購入することも可能です!

 

年収500万円以上のサラリーマンや公務員の場合、投資用不動産に対する融資の与信枠は約3,000万から4,000万円ですが、この枠を目一杯使ったとしても、東京で買えるのはせいぜい一戸から二戸まででしょう。

 

しかし、大阪の物件なら三、四戸購入することだって不可能ではないのです。

 

保有する物件の数が多くなればなるほど家賃収入が増えるのは当然のことです。
一戸だけなら月70,000円の家賃が、二戸なら140,000円、三戸なら210,000円に膨らみます!

 

もちろん、ローンの返済や管理費の支払い、修繕積み立てなどもあるので、ローン期間はその金額がまるまる手元に残るわけではありませんが、ローン返済が終了する頃の老後生活には十分な収入が確保できるようになるのです!


ホーム RSS購読 サイトマップ