不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

現代はワンルームマンションに追い風となっている時代

現代社会では、ワンルームマンションにとって追い風となっている動きがあります。
それは

 

法人需要の拡大

 

です!
企業が福利厚生の一環としてワンルームマンションを借り上げ、独身社員に社宅として提供する動きが、近年ますます活発になっているのです。

 

景気の緩やかな回復とともに、企業の求人数も増えてきましたが、少子化の影響で今後はより人材の割合が熾烈化することが予想されます。

 

「少しでも良い人材を確保しよう」と福利厚生を充実させる動きが広がるはずです。

 

そのため、ワンルームマンションの法人事業が今後も拡大し続けることが予想されます。

 

法人事業の良いところは、家賃滞納がほとんどなく、一般に長期にわたって継続的に入居してもらえるので、空室リスクが低い点です!

 

特に大阪のワンルームマンションは、市内の中心部に大学がないため、学生の需要がほとんどありません。
単身の社会人、もしくは法人の需要が高く、その意味でも他の都市マンションに投資するのと比べて有利なのです。

 

一方、ファミリータイプの需要は残念ながら今後徐々に縮小していくことが予想されます。

 

総務省が発表したデータによると、日本の1世帯あたりの人数は2013年1月の2.32人から、2014年1月には2.30人に減っています。
1世帯あたりの人数は住民基本台帳制度が創設された1968年以来、毎年減り続けていて、今後もこの傾向が続くのがほぼ確実でしょう。

 

そうなるとファミリータイプはなかなか入居者が見つけにくくなり、空室リスクが高まる可能性が予想されます。

 

特に3LDK、4LDKといった間取りの大きなファミリータイプは、需要が大きく縮小していくのは目に見えているのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ