不動産投資を大阪でした方が良い理由!東京より大阪や!

不動産投資は20代から50代まであらゆる世代にメリットがある

ここ最近、不動産投資のセミナーや相談会は参加者の年齢層がかなり幅広くなっています。

 

不動産投資セミナーは休日に開催することが多いので、おしゃれなファッションの20代の若者もいれば、管理職の雰囲気の30から40代の男性、髪に白髪が混じった50代の男性の姿もあります。

 

男性だけでなく、女性の参加者も増えています!

 

様々な参加者を見ていると、不動産投資には多種多様なニーズがあることを実感します。
実際、不動産投資はあらゆる世代のニーズに応えることができる投資方法です。
しかも、始める時期が早ければ早いほど、より大きなメリットが受けられます。

 

例えば20代の時期から始めれば、物件を購入するために35年ローンを組んでも、60歳で定年を迎える前に完済できます!
年収が増えるにつれて融資限度額も広がるので、二戸、三戸と所有物件を少しずつ増やせるかもしれません☆

 

近年、特に年金不安が高まっていますが、現役世代の中でも特に若い20代は自分たちが将来本当に年金がもらえるのかわかりませんし、真剣に心配している人も少なくないようです。

 

20代のうちに不動産を買って早めにローン返済を終わらせてしまえば、老後には家賃収入をほぼ丸ごと生活資金に充てることができます。
もし、老後への不安がなくなれば目の前の仕事や生活も思う存分楽しめるはずです!
お金の事以上に投資のメリットは大きいのではないでしょうか?

 

30から40代でも不動産投資を始めるのに遅くはありません!
35年ローンを組んだ場合、老後を迎えても返済が続く可能性はありますが、20代よりも所得が増えているはずなので、繰り上げ返済などを活用して返済を早めることもできます☆

 

それに、30から40代はいくつもの生命保険や個人年金に加入している人が多く、住宅ローンや子供の教育への出費も増えるので、家計に余裕のないケースもあります。
加入しすぎている生命保険や個人年金などを整理して、浮いたお金を繰り上げ返済に回す方法もあります。
また、他でも書いたようにローンを設定して投資用マンションを購入すると、ほとんどの場合「団体信用生命保険(ダンシン)」に加入するので、保証が重複する生命保険を見直せる可能性もあります!
これによって月々の保険料や年金積み立ての額が減れば、ローンの繰り上げ返済にお金を回せ、日々の家計が楽になることも多いです。

 

そして50代は意外に思われるかもしれませんが、老後を目前に控えたこの世代でもローンでお金を借りて不動産投資を始めるメリットは十分にあります!
50代になると老後の生活はもちろん、これまで以上に万が一への備えも真剣に考えなければなりません。
突然亡くなった時に奥さんや子供の暮らしがどうなるのか、遺される家族のために収入源として投資用不動産を購入しておこうと考える人もいます。

 

また、購入した投資用不動産は、長期にわたってインカムゲインを得るために、なるべく保有し続けることをお勧めしますが、万が一遺族にまとまったお金が必要な時はマンションを売却してお金に変えることもできます!

 

このほかにも、不動産投資には相続贈与税の節税や、遺産分割争いの対策などのメリットがあります。
子育ても一段落し、資金に余裕のある50代であればある程度まとまった頭金を入れて、ローンの返済期間を10から15年と短くすることもできます!
自己資金を20%以上もしくは40%以上入れると、その分金利が安くなる銀行などもあります☆


ホーム RSS購読 サイトマップ