地域ごとに不動産投資の有利不利は変わってきますが、一般的に東京都よりも大阪府の方が物件価格が割安で、不動産投資を行う際の運用がしやすいといわれています。

では何故東京都よりも大阪府の方が不動産投資がやりやすいのでしょうか?
今回はこちらの理由やそれぞれの違いについての解説記事となります。

今の時代、副業や老後のこと、税金対策などの面で不動産投資を行う方が多くなってきています。
不動産投資は安定した収入や保険などの対策にも利用出来たりと、メリットが非常に多い投資方法となっています。

こちらの記事を最後まで読んでいただければ、東京都と大阪府の不動産投資の違いがわかるようになっていますので、興味がある方は是非最後まで読んでみて下さい。

※本記事は2021年8月に掲載されたものです。
※不動産投資などの物価や地価は不定期に変動していますので、ご了承いただいた上での閲覧をお願いします。

東京都と大阪府で不動産投資について比較してみると

第一に、東京都と大阪府では不動産投資のやり方や程度、感覚などは大きく異なります。

他の都市でも言えることですが、一つの都市で上手くいった方法が他の都市でも通用することはあまり多くありません。

それは地域ごとに物価や人口、住民性なども変わってくるからです。

まずは、不動産投資の観点から大阪という都市についてみていきましょう。

・大阪は更なる発展が見込める都市

現在大阪は大阪駅北側を中心に都心部の再開発が始まっている現状です。

再開発に応じた今後の更なる発展が見込めれば、高い経済効果をもたらすことが期待できます。

今後リニアの開通などで経済圏を更に拡大させていくので、現在の大阪では不動産投資が行いやすいといえます。

・大阪市は人口2位の都市である

大阪市は人口2位の大都市ということですが、大阪市の人口の増え方は他の地域とは少し違ってきます。

通常人口というものは出生率が上がって増えてくるものですが、大阪市に関しては外部の地域からの転入に応じて人口が増えていることが確認されています。

主に都心部へ若い方の転入が増えている現状なので、不動産投資を行う時にとても有利な情報になるといえます。

転入が多いということはそれだけ部屋を借りたいという意思を持って来られる方が多いということなので、それだけ物件が借りられる率も高いといえるでしょう。

・大阪府は物件が安い

まず大阪府は、「物件の価格が割安である」という最大のメリットがあります。

大阪府といえば東京都に次ぐ第二の大都市と言っても過言ではない大きさを誇るのにもかかわらず、東京都よりも物件価格がかなり安い傾向にあります。

大阪府で有名な地域といえば梅田や難波、心斎橋などが挙げられ、こちらの都市は聞いたことがある方も多いでしょう。

こういった都心部の地域に該当する物件でも、2,000万~前後で購入できてしまうのが大阪で不動産投資を行う強みの一つです。

 

おすすめの記事