新型コロナウイルスの流行が懸念される中、オリンピック・パラリンピックの開催がされ、東京は地域再開発やビル建築のが行われていました。

これからは、忘れ去られていた日本が抱える「社会構造上の問題」が再び大きくクローズアップされるでしょう。

それは

【少子高齢化】と【人口減少】

という深刻な問題です。

経済成長の支えとなる労働者がどんどん減る一方で、医療の発達によって高齢者の割合が高まり、日本の社会保障費負担は年々増加しています。

どんなに日本の景気を良くしたとしても

日本の景気を良くしたとしても、このような社会構造そのものを大きく変える事は難しそうです。

その結果、現役世代の年金払いの負担がますます増加し

「老後を迎えても負担に見合った年金の受け取りが見込めなくなる」

と言う悲しい状況が年を大事に深刻になっていく事は目に見えています。

しかも、受け取れる年金が減るだけでなく、今のような円安が続けば老後に必要なお金も増えることになるかもしれません。。。

物価の上昇(インフレ)とともに、お金の価値が目減りしてしまうからです。

老後の生活費を年金や保険だけに頼っていたら、生活が立ち行かなくなる恐れがあるというわけです。

そうした将来を迎えないようにするためには、何らかの自衛策を講じておかなければなりません。

特に年金の受給額が大きく減りそうな20代30代の人々はなるべく早くから準備を進めておく必要があります!

まだ老後を迎えるまで30から40年の時間があるので、今のうちにしっかりと対策を立てておいてください。

東京に住んでても大阪の投資用不動産を購入する人が増えてる

最近は東京など、大阪以外にお住まいの方が大阪の新築中古ワンルームマンションを購入するケースも目立っています。

「東京の物件は高すぎて手が出ない、でも将来のことを考えてマンションは買いたい」
と言う人たちが大阪の物件に着目しているようです。

そうした方々のために大阪のワンルームマンションの魅力についても詳しくお教えします。

もちろん、投資にはリスクがつきものです。
そこで、ワンルームマンション投資のリスクについてもしっかりと解説します!

そのリスクを避けるためにも大切な信頼できる不動産会社の選び方についてもお教えします。

是非、当サイトを活用して大坂で不動産投資をしてゆとりのある老後を実現してほしいと思います!

おすすめの記事