東京に比べて価格が安い大阪の不動産は、年収500万円前後のサラリーマンの方でも比較的気軽に購入できます。

そして、ローンを完済すれば月々60,000円程度のキャッシュフロー(家賃収入)を得ることができます。

しかも、与信枠(与信限度額)をフルに活用すれば1室だけでなく2、3室のワンルームマンションを購入することが可能です!

東京の不動産はここ数年オリンピック特需によってどんどん値上がりしております。

1室3,000万円、4,000万円と言う高額な物件も珍しくありません。

しかし、大阪なら中心部の新築物件でも2,000万円前後。

築10年程度の築浅物件なら1,300~1,400万円で購入可能です!

つまり、東京なら1、2室しか買えなくても、大阪なら3、4室買うこともできるわけです!

もちろん部屋数が多くなればなるほど家賃収入が増えますし、同時に空室リスクや家賃下落リスクなどのリスクの分散が図れます。

東京に比べて物件価格が安いのは大阪ばかりではありません。

他の地方に行けば中古ワンルームマンションが数百万円台で売られているところもあります。

そして、取得価格が安いので、計算上は大阪以上に高い利回りやキャッシュフローが得られるケースも多々あります。

しかし、物件価格が安いという事、空室リスクや家賃下落リスクが高いことの裏返しでもあります!

なぜなら、地元経済があまり活発ではなく人口流出が激しい地域ほど人口が減っているので

入居者がつきにくい

入居がなかなか決まらないから家賃が下がりやすい

という問題を抱えているからです。

どんなに取得価格が安くて計算上の利回りやキャッシュフローが高い物件でも、実際に家賃を払ってくれる入居者を確保できなければ収益を上げられません。

老後の生活原資を確保するための投資対象としては、あまり好ましくないでしょう。

その点、大阪経済は着実な発展が見込まれており、東京で言えば都市にあたる大阪中心6区

・北区
・中央区
・福島区
・西区
・浪速区
・天王寺区

及び、新大阪では流入人口が拡大しています!

物価が東京に比べて安いだけでなく、空室リスクや家賃下落リスクがかなり抑えられます。

そういう点でも大阪のワンルームマンションは極めて有利な投資対象なのです!

おすすめの記事